プロに動画編集を依頼するときの注意点

動画編集にお困りの方向け!プロに依頼する時のチェックポイント

動画編集をする意味

スマートフォンの普及や第5世代移動通信システムをきっかけに、動画コンテンツに接することが多くなってきました。
YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトで動画を視聴することも身近なものになってきました。
最初は、個人が投稿した動画を趣味で視聴していた動画共有サービスですが、現在では企業がビジネスに活用するシーンが増えています。
主に自社PRを目的とした広告で、自社、商品のPRといった認識度のアップが目的です。
動画は、文章や画像よりも商品・サービスを短時間でも関心がもってもらえます。
自社のホームページやFaceBooK・YouTubeといったSNSなどで使用されています。
自社のホームページだけでは閲覧数は限られていますが、SNS配信では、不特定多数の閲覧が期待できますので非常に重要です。
そのため、高品質でインパクトが大きいものを配信することが大切となります。
SNSでのコンテンツのトレンドサイクルは短いので、トレンドの認識を把握しておかなければなりません。
また、動画制作は、自社での制作・外部での制作と使い分けることが必要です。
全てを専門の動画制作会社に依頼すれば、クオリティの高い動画制作が期待できますが、コスト面では膨大となってしまいます。
そこで、認知度アップを目的とした商品の紹介、ブランディング動画を依頼し、自社のホームページのイベントや展示会については、自社で制作するケースが多いようです。