プロに動画編集を依頼するときの注意点

動画編集にお困りの方向け!プロに依頼する時のチェックポイント

>

動画で商品・サービス・企業のアピール

編集のおもな作業内容

企画・構成から撮影をした後、編集を行っていきます。
映像を並べ替えて、文字や音楽を加えたりします。
最近では、CGでの作業も増え、アニメーションなども加味されています。
音の編集は、印象が大きく変わるので演出的な判断が必要となります。
映像自体の美しくするために、色、明るさ、コントラストを調整する工程は、カラーグレーディングとよびます。
デジタルの画調をフィルムライクに加工したり、フラットな雰囲気にしたりとあらゆる方向性での処理が可能です。
テロップもどんどん進化しています。
テーマにそったイラストなどを画面にのせる演出も多くみられます。
その場にない映像をCGで合成したり、写り込んだ不要な要素をけすなど加工処理も行われます。
音の編集も専門性の高い工程で、BGMの他にも繊細な音の調整が行われます。

プロとの違いは

最新の映像は最新のツールを用いられています。
動画制作ソフトは多くの種類があり、複合的な用途があります。
ツールと作品の完成度には相関性があり、多くの場合、最新の映像は最新のツールを用いられています。
自社に動画編集環境のツールや機器がなければ、プロにお願いする必要があります。
一般的な編集ソフトでは、意外とメリハリのなり動画になってしまいがちです。
動画編集環境がそろっている業者に依頼すれば、複雑で効果的な編集をしてもらえます。
しかし、一番大きなメリットは、編集機器だけでなく、プロの技術で編集することです。
作品のクオリティーが高まります。
プロならではの専門知識を活かしてさまざまなアイデアを取り入れてもらうこともできます。


このTOPICSをシェアする