プロに動画編集を依頼するときの注意点

動画編集にお困りの方向け!プロに依頼する時のチェックポイント

>

数多く存在している代行会社

実績のある会社を選ぶ

動画は比較的新しいビジネスです。
何となく始めては見たものの、要望に的確に答えることができず、コスト感覚の薄いクリエーターが必要以上の対応をしてしまうと時間とコストばかりかかってしまう利益率の低い労働集約モデルとなります。
休日や深夜対応が多くなると社員の定着率が悪くなります。
撤退していく会社も珍しくありません。
また、動画制作は受注さえできれば、会社組織としての実体がなくても案件毎にフリーランスのクリエーターとの連携行うこともできます。
そういった場合には、セキュリティやメンテナンスには余り期待ができなくなります。
会社を訪問して事務所の場所や組織化されている実態を確認しましょう。
せっかく、信頼関係ができても、会社がなくなってしまったり、途中で対応を辞めてしまったりということが無いよう実績が5年以上あるかを確認しましょう。

得意分野がニーズとマッチしているか

目的によって、依頼する代行会社も変わってきます。
それぞれ得意分野がちがいます。
企業PRや商品PRが得意であったり、アニメーションやCG、映像関連など、制作の事例などを確認して、得意なジャンルを見極めることが重要です。
その会社がどういう分野を手掛けているのかを確認してニーズに合っているかを確認し、作りたいイメージが明確な場合、それを実現できる会社かどうか見極めましょう。
実際に制作されたサンプルをみて判断していきましょう。
ホームページで制作実績を見比べてイメージに近いかどうかを比較してみましょう。
公開していない会社は、実績がほとんどないということも考えられます。
また、どんな編集にすれば良いのか積極的に提案を行ってくれる会社を選びましょう。
良い会社なら、要望を伝えることで、さまざまな提案を行ってくれます。


このTOPICSをシェアする