プロに動画編集を依頼するときの注意点

動画編集にお困りの方向け!プロに依頼する時のチェックポイント

>

フリーランスか制作代行会社

信頼関係が重要

事前に費用の見積もり、編集のスケジュールを提示してもらい適切であるか、明確であるかを細かく確認しましょう。
作業工程が増えることで費用が発生したり、納期が間に合わないなどのトラブルをさけるために綿密な打ち合わせが必要となります。
動画編集後のアフターフォローやサポートも大切なポイントです。
迅速な更新作業やテロップの差し替えなどを格安で対応してもらえる代行会社を選びましょう。
将来的な不安も減り、安心してまかせることができます。
そのため、担当者との信頼関係やコミュニケーションが重要となります。
最近では、YouTubeに特化した代行サービスなども増えています。
動画の製作や編集だけでなく、運用方法や登録者の増やす方法などのサポートも期待することができます。

フリーランスに依頼する場合

気軽に依頼するなら、フリーランスに依頼してみてはいかがでしょうか。
クラウドソーシング系サービスでは、登録している動画編集スキルを持つ個人に依頼します。
クラウドワークスやランサーズでは、3000円程度で請け負ってもらえます。
ココナラでは、2000円程度でより安く編集を行ってくれます。
自己評価で料金提示がされていますので、価格帯は広いですが、編集の代行会社より半額以上安い価格です。
コストも安くある程度柔軟に対応してもらえますし、長期的に連携を構築も可能です。
しかし、初期段階では、信頼できるかどうかの見極めが難しく納期や仕事のレベルの判断が難しくなります。
守秘義務の部分でも不安があります。
最初の段階で、仕事の実績・編集環境のツールや機器・見積もりの内訳をチェックして判断しましょう。


このTOPICSをシェアする